フミトキシン

フミトキシン®(FUMITOXIN)の製造元である、米国ペストコンシステムズ社は、1957年米国ではじめて、リン化アルミニウム剤の使用を研究、開発しました。それ以降、リン化アルミニウム剤の先駆者かつエキスパートとして認められており、世界中で広く使用されております。日本国内では、以下の農薬登録がなされており、その効果とともに臭化メチル代替剤として注目されています。

日本での農薬登録

剤型

適用害虫の範囲及び使用方法

作物名 適用場所 適用病害虫名 使用量 くん蒸時間 くん蒸温度 使用方法
穀物類
豆類
飼料
種子
倉庫
コンテナー
サイロ
船舶
コクゾウムシ
ヒラタコクヌストモドキ
マメゾウムシ類 等
第16033号
フミトキシン錠剤では
容積1㎥当り0.5~3錠
第16034号

フミトキシン小球では
容積1㎥当り2~15錠
2~5日間 20℃以上 くん蒸
3~6日間
(2~6日間)
15~20℃
4日間以上
(3日間以上)
15℃以下
コーヒー豆
カカオ豆
2~5日間 20℃以上 くん蒸
ただし、出庫7日前までに
くん蒸を終了すること
3~6日間
(2~6日間)
15~20℃
4日間以上
(3日間以上)
15℃以下
ごま 2~5日間 20℃以上 くん蒸
ただし、出庫5日前までに
くん蒸を終了すること
3~6日間
(2~6日間)
15~20℃
4日間以上
(3日間以上)
15℃以下
なたね 2~5日間 20℃以上 くん蒸
ただし、出庫2日前までに
くん蒸を終了すること
3~6日間
(2~6日間)
15~20℃
4日間以上
(3日間以上)
15℃以下
葉たばこ 倉庫 タバコシバンムシ
チャマダラメイガ
2~5日間 20℃以上 くん蒸
3~6日間
(2~6日間)
15~20℃
4日間以上
(3日間以上)
15℃以下
日本なし 倉庫
コンテナー
ハダニ類 第16033号
フミトキシン錠剤では
容積1㎥当り
容積1㎥当り1.5錠

第16034号
フミトキシン小球では
容積1㎥当り7.5錠
1日間 15~25℃
麦類 サイロ
コンテナー
倉 庫
船 舶
グラナリア
コクゾウムシ
第16033号
フミトキシン錠剤では
容積1㎥当り2~3錠

第16034号
フミトキシン小球では
容積1㎥当り10~15錠
6日間
(5日間)
25℃以上 くん蒸
9日間
(7日間)
20~25℃
20日間
(16日間)
15~20℃ くん蒸
ただし、出庫3日前までに
くん蒸を終了すること
30日間
(24日間)
10~15℃
6日間
(5日間)
25℃以上 くん蒸
とうもろこし
(子実)
9日間
(7日間)
20~25℃
20日間
(16日間)
15~20℃ くん蒸
ただし、出庫5日前までに
くん蒸を終了すること
30日間
(24日間)
10~15℃
6日間
(5日間)
25℃以上 くん蒸
食用ソルガム 9日間
(7日間)
20~25℃
20日間
(16日間)
15~20℃
30日間
(24日間)
10~15℃

括弧内のくん蒸時間は庫外投薬器を用いた場合に限る